四国総合通信局(局長:野水 学(のみず がく))は、四国情報通信懇談会(会長:泉 雅文(いずみ まさふみ)四国旅客鉄道株式会社相談役)等とともに、5Gの利活用による四国地域の課題解決や活性化の検討に役立てていただくことを目的として、令和3年3月16日(火)に「ローカル5G利活用セミナー」を開催します。
 総務省では、今年度、農水産業・工場・観光・防災・医療等、ローカル5Gの具体的な利活用場面を想定した開発実証を全国19地域で実施し、様々な地域課題の解決のためにローカル5Gを活用した場合の有効性の確認や技術的問題の検証を行っています。
 本セミナーでは、今年度の開発実証の取組状況や今後の予定等について説明を行うとともに、農業、観光及び防災分野の3件の開発実証事例について映像も交えて紹介します。
 詳細は、以下をご覧ください。
 https://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/2021022602.html