四国情報通信懇談会(四情懇)

徳島市で「電波の利活用セミナー」を開催

四国総合通信局は平成30年10月30日(火)に徳島市において
「電波の利活用セミナー」を下記のとおり開催します。
四国では、様々な分野において電波を利活用して
社会課題の解決を目指す研究開発や実証実験が盛んに実施されています。
本セミナーでは四国で行われている研究開発・実証実験の事例を紹介します。

             記

1 開催日時
  平成30年10月30日(火)13時30分から16時30分まで
 (13時から受付開始)

2 開催場所
  あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)5階 会議室6
 (徳島県徳島市藍場町2-14)

3 講演内容
 【講演1:防災分野の研究開発事例の紹介】
  演題:「Wi-Fiを用いたLDM(※1)エッジサーバ(※2)の
    災害時利用に関する実証的研究」
  講師:徳島大学 理工学部 教授 木下 和彦 氏

  ※1 LDM(Local Dynamic Map)とは、道路、建物などの
     静的な地物のデータ上に、車両、歩行者、事故情報などの
     動的な道路交通情報を重ね合わせたデジタル地図です。

  ※2 エッジサーバとは、ネットワークが張り巡らされている中で、
     相対的に端(エッジ)に設置されたエンドユーザに近いサーバ。

  (講演1の要旨)
  Wi-Fiを活用することにより災害時でも通信インフラに依存せずに
  災害情報の提供が可能となる、平時と災害時の共用システムに関する
  研究開発についてご紹介します。

 【講演2:医療分野の研究開発事例の紹介】
  演題:「ワイヤレス給電式医療機器の製作および臨床応用」
  講師:徳島大学 理工学部 准教授 敖 金平(あお じんぴん)氏 
  徳島大学病院 歯科麻酔科 助教 藤原 茂樹(ふじわら しげき)氏

  (講演2の要旨)
  ワイヤレスで電力を供給し生体情報が伝送可能となる
  小型軽量の医療機器に関する研究開発についてご紹介します。

 【講演3:林業と防災分野の実証実験事例の紹介】
  演題:「高知県における林業業務効率化のための映像伝送実験と高松市・
  西条市における水位確認のためのIoT実証実験」
  講師:株式会社STNet 経営企画室 副室長 兼
     研究開発部長 吉本 浩二(よしもと こうじ)氏

  (講演3の要旨)
  高知県等と共同で実施した林業における地籍調査等の境界確定作業を
  効率化するための映像伝送実験と、香川県高松市や愛媛県西条市と共同で
  実施しているため池や排水機場等の水位確認の実証実験をご紹介します。

  なお、講演1と講演2の研究開発事例は、
  総務省の戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)(※3)の
  電波有効利用促進型研究開発(※4)に採択されています。

 ※3  戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)とは、
   ICT分野において新規性に富む研究開発課題を
   大学・独立行政法人・企業・地方自治体の研究機関などから公募し、
   外部有識者による選考評価の上、研究を委託する競争的資金です。

 ※4 電波有効利用促進型研究開発は、電波有効利用を一層促進するため、
   新たなニーズに対応した無線技術に関する先進的かつ独創的研究開発を
   推進するプログラムです。

4 申込方法
  参加を希望される方は、平成30年10月26日(金)までに、次の
  いずれかの方法で四国総合通信局(企画調整課)宛お申込みください。

(1)電子メール
  次の必要事項を電子メール本文記載し下記アドレスに送信してください。
  なお、件名を「電波の利活用セミナー申込み」として送信してください。
  ア 氏名 イ 所属・役職 ウ 連絡先(電子メールアドレス・電話番号)
   電子メール: shikoku-suishin@soumu.go.jp

(2)FAX
  四国総合通信局のホームページに開催案内兼参加申込書(pdf)が
  公開されています。

  開催案内兼参加申込書
  
こちらから開催案内兼参加申込書をダウンロードしていただき、
必要事項を記載し、以下のFAX番号あてに送信してください。
FAX:089-936-5008

5 募集定員
  60名(参加無料)

6 主催等
  主催:四国総合通信局
  後援:徳島県、公益財団法人e-とくしま推進財団、四国情報通信懇談会

7 個人情報の取扱い
  参加申込みの際にいただいた個人情報は、
  本セミナーを実施する目的以外には使用せず、
  開催後は速やかに破棄します。

8 問い合わせ先
  四国総合通信局 無線通信部 企画調整課
  担 当:宮岡上席企画監理官
  電 話:089-936-5071
  FAX:089-936-5008
  電子メール:shikoku-suishin@soumu.go.jp

「ワイヤレスIoTセミナー」を開催

四国情報通信懇談会は、地域情報化に関する普及啓発事業活動の一環として、
かがわ情報化推進協議会、情報通信交流館 (e-とぴあ・かがわ)との共催で、
情報化セミナーを下記のとおり開催いたしますので、ご参加ください。

テーマ
「ワイヤレスIoTセミナー」~最新の技術動向と活用事例について~

1 日  時 平成30年11月1日(火)13:00~16:50(12:30開場)
2 会  場 情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)
       BBスクエア(講演会)
       スタジオサロン(情報交流会、機器展示)
  高松市サンポート2-1 高松シンボルタワー タワー棟5階
3 プログラム
 【講演会】13:00 ~ 14:00 
    講師:電気通信大学 UECアライアンスセンター 特任教授
        中嶋 信生 氏
    演題:IoTを支える無線技術の特徴と比較
    概要:各種センサーとセンサーから情報を収集する無線ネットワーク
       はIoTを構成する重要な要素で、なかでも無線方式はさまざま
       な種類がIoT用途で開発されており、それらの特徴をよく理解
       して利用することが良質サービスを提供する上で重要です。
       そこで、IoTに適用可能な各種無線技術(Wi-SUN, LPWA, NB-IoT
       など)比較しながら仕様や特徴、適用領域などにつき解説
       いたします。

 【事例発表】
  ・事例1 14:00 ~ 14:20
    講師:福岡市 経済観光文化局 創業・立地推進部 新産業振興課 係長
        大塚 裕一郎 氏 
    演題:福岡市のIoTに関する取組み「Fukuoka City LoRaWANTM」
       について
   
  ・事例2 14:20 ~ 14:40
    講師:四国電力㈱ 送配電カンパニー 配電部 田中 泰志 氏
    演題:電柱を活用した情報配信サービスについて
       ~お遍路サポートサービス~

  ・事例3 14:50 ~ 15:30
    講師:㈱STNet 経営企画室 副室長 兼 研究開発部長
        吉本 浩二 氏
    演題:地域課題解決に向けたワイヤレスIoTへの取組事例
       
  ・事例4 15:30 ~ 16:10
    講師:㈱NTTドコモ 法人ビジネス本部 IoTビジネス部
        ビジネス企画担当部長 髙橋 和彦 氏
    演題:モノが「つながり」、世の中が変わる
       ~IoTがもたらす社会と企業のデジタル変革~

  ・事例5 16:10 ~ 16:50
    講師:KDDI㈱ ビジネスIoT推進本部 地方創生支援室長
        阿部 博則 氏
    演題:つながる、広がるIoT~LPWAが拓くIoT社会~
  
 【交流会】16:50 ~ 18:00
      (機器展示:四国電力㈱、㈱STNet、KDDI㈱ )

4 主 催 かがわ情報化推進協議会
5 共 催 四国情報通信懇談会、情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)
6 定 員 100名(先着順)
7 参加料 無 料
8 申込み 参加をお申込の方は、10 月26日(金)までに
      ・貴社(団体)名・所属
      ・氏名・連絡先電話番号・E-mail
      ・ 交流会参加の有無
      を記入しメール又はFAXでお送り下さい。
      【宛先】かがわ情報化推進協議会(事務局:香川県情報政策課内)
     【お申込み】mail:webmaster@kagawa-net.org
           FAX :087-834-1542
      【お問合せ】電 話:087-832-3140

高松市で情報化セミナーを開催

四国情報通信懇談会は、地域情報化に関する普及啓発事業活動の一環として、かがわ情報化推進協議会、香川マルチメディアビジネスフォーラム、情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)との共催で、情報化セミナー(「放送サービスの高度化 ~4K・8K放送の魅力と視聴にあたっての受信環境~」) を下記のとおり開催いたしますので、ご参加ください。

テーマ
「放送サービスの高度化 ~4K・8K放送の魅力と視聴にあたっての受信環境~」

1 日  時 平成30年10月23日(火)12:00~18:00
2 会  場 情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)
       BBスクエア(講演会)、スタジオサロン(機器展示)
       高松市サンポート2-1 高松シンボルタワー タワー棟5階 (4階入口)
3 プログラム
【講演会】14:00~17:00(13:30開場)
・第一部 14:00~14:40
講師:総務省 四国総合通信局 情報通信部 放送課
課長 石丸 須弥子 氏
演題:「4K8Kの推進と今後の放送サービスの動向」
概要:本年12月に開始される新4K8K衛星放送に関する周知広報、
2020年に向けた普及のロードマップや幅広い分野への普及
に向けた取組等を紹介いたします。

・第二部 14:40~15:20
講師:NHK 放送技術局 制作技術センター 制作・開発推進部
副部長 津田 貴生 氏
演題:「4K・8K本放送に向けたNHKのコンテンツ制作」
概要:4K・8K本放送に向けて、スーパーハイビジョンの高解像度、
高ダイナミックレンジ、広色域の特長を生かしたコンテンツ制作
を急ピッチで進めています。講演では、使用機材や制作ワーク
フローなどNHKにおけるコンテンツ制作の取り組みを紹介いた
します。

・第三部 15:40~16:20
講師:愛媛CATV 常務取締役 白石 成人 氏
演題:「愛媛CATVの4Kへの挑戦」
概要:4K番組制作により、ケーブルテレビの未来像・可能性の発信、
地域の高品質なコンテンツを通じた地域創生・社会貢献のための
取り組み等を紹介したします。

・第四部 16:20~17:00
講師:一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)
4K8K推進センター センター長 宇佐美 雄司 氏
演題:「新4K8K衛星放送の受信システムと電波漏洩対策」
概要:12月1日スタートの新4K8K衛星放送の準備状況を若干解説
したのち、新4K8K衛星放送の受信システムや改修のポイント等
について紹介いたします。
また、新4K8K衛星放送の左旋の中間周波数(IF)帯が他の
無線サービスと周波数共用しており、この相互干渉や対策について、
国の助成制度などを交えて紹介いたします。

【機器展示】12:00 ~ 18:00(8Kテレビの展示・実演)

4 主 催 かがわ情報化推進協議会
5 共 催 四国情報通信懇談会、香川マルチメディアビジネスフォーラム、
       情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)
6 後 援 NHK高松放送局、香川県ケーブルテレビ振興協議会
7 定 員 100名(先着順)
8 参加料 無 料
9 申込み 参加をお申込の方は、10月17日(水)までに「貴社(団体)名・所属
・氏名・連絡先電話番号・E-mail)」を記入の上、メール又はFAXでお
送り下さい。
【宛  先】かがわ情報化推進協議会(事務局:香川県情報政策課内)
【お申込み】メ ー ル:webmaster@kagawa-net.org F A X:087-834-1542
【お問合せ】電 話:087-832-3140

ICT研究交流フォーラム 平成30年度技術勉強会の開催

1 テーマ
「水産分野におけるIoTの利活用に関する現状と課題」に係る技術勉強会

2 開催趣旨
IoTは品質の高位安定化や労働力の省力化等、新たな付加価値を生み出すものとして注目され、水産分野に対してもその導入がはじまっています。
例えば、養殖魚や海岸環境の情報を生産者間で共有することで赤潮・魚病被害の予防及び早期対策につなげる双方向水産コミュニケーションシステムが開発されたり、養殖魚が水温によって餌を食べる量が変わる特徴を利用して宇和海の水産業の生産高増につなげるための海水温情報取得・共有サービスや給餌管理システムが導入されたりしています。
本勉強会は、水産分野における研究開発成果や最新技術動向を共有することにより、この分野が抱える課題の解決につながるICT利活用や研究開発を促進する機会とすることを目的として開催いたしますので、振るってご参加下さい。

3 開催日時
平成30年10月15日(月) 14:00~17:00
(現地集合・現地解散)

4 開催場所
愛媛大学南予水産研究センター 船越ステーション 大会議室
愛媛県南宇和郡愛南町船越1289-1

5 プログラム
(1)SCOPEを利用した研究開発の成果発表
ア 演題:養殖現場と連携した双方向『水産情報コミュニケーションシステム』による赤潮・魚病対策技術の開発
講師:愛媛大学 南予水産研究センター 准教授 清水 園子氏
(2)水産分野における最新のIoT利活用事例の紹介
ア 演題:宇和海海況情報サービス『You see U-Sea』について
講師:愛媛大学 大学院理工学研究科 電子情報工学専攻 
兼 南予水産研究センター 教授 小林 真也 氏
イ 演題:水産養殖へのIoT活用の可能性
講師:ウミトロン株式会社 代表取締役 藤原 謙 氏
(3)ICT研究開発支援策の紹介等(総務省四国総合通信局)
       ~ 休憩 ~
(4)愛媛大学南予水産研究センター 視察

6 主催 
四国情報通信懇談会ICT研究交流フォーラム

7 募集定員
20名程度(定員を超える場合は先着順)

8 参加費
無料

9 参加条件
(1)参加資格は、四情懇の会員及びその関係者です。
(2)現地までの交通手段の手配は、各自でお願いします。
ただし、自家用車等での参加も可能ですので、お申し込みの際に個別に
ご相談ください。
(3)施設内では、動画の撮影につきましてはご遠慮ください。

10 お問い合わせ先
四国総合通信局 電気通信事業課 杉浦、吉松、横田
電子メール:shikoku-seisaku@soumu.go.jp
電話:089-936-5043

11 お申込み方法
■参加申込
 下の「参加申込用フォーム」をご利用ください。

 ※申込期限:10月9日(火曜日)

この下に(つづきを読む…)が表示されているときは「参加申込用フォーム」が隠れた状態です。この表示をクリックすると現れます。
(つづきを読む…)

徳島市で「医療分野における電波の安全性に関する説明会」を開催

四国情報通信懇談会は四国総合通信局との共催で、9月29日(土)に
徳島市で「医療分野における電波の安全性に関する説明会」を開催します。

近年、医療機関では、医用テレメータ、無線LANなどの電波を利用する機器
の活用が進む一方で、適正な電波の利用等がなされない場合には、医療機器
等にトラブルが発生する恐れがあります。

説明会では、電波環境協議会において「医療機関における電波利用推進部会」
の座長として「医療機関において安心・安全に電波を利用するための手引き」
を取りまとめられた滋慶医療科学大学院大学 医療管理学研究科教授 加納隆氏
から、医療機関において電波を適正に利用するための課題や対応策などについ
て分かりやすくご講演をいただきます。

また、一般財団法人電波技術協会 調査研究部長 福地 一氏からは、平成29
年度に全国26病院で行った電波環境測定結果(医用テレメータ、無線LAN、
携帯電話等の周波数帯)について報告します。

1 日時
平成30年9月29日(土)16時から17時30分まで
(15時30分から1階エントランスホールで受付開始)

2 場所
アスティとくしま3階 第1特別会議室
(徳島県徳島市山城町東浜傍示1番地1)

3 内容
【講演1】
演題:「医療機関での安心安全な電波環境の構築」
講師:滋慶医療科学大学院大学 医療管理学研究科
教授 加納 隆(かのう たかし)氏

【講演2】
演題:「病院内の電波環境測定結果について」
講師:一般財団法人電波技術協会 調査研究部
部長 福地 一(ふくち はじめ)氏

4 申込方法
参加を希望される方は、平成30年9月26日(水)までに、
次の事項を以下の電子メールアドレスあてに送信してください。
なお、件名を「安全性説明会申込み」として送信してください。

ア 氏名 イ 所属 ウ 連絡先(電子メールアドレス・電話番号)
電子メールアドレス:shikoku-kankyouka _atmark_soumu.go.jp
(四国総合通信局 電波利用環境課)
送信の際は「_atmark_」を「@」に変更してください。
なお、第8回中四国臨床工学会へ参加登録済の方は申込み不要です。

5 募集定員
100名(先着順で定員になり次第、受付を終了します。)

6 参加費
無料(どなた様でも参加いただけます。)

7 主催等
主催:四国総合通信局
共催:一般社団法人徳島県臨床工学技士会、中四国臨床工学技士会連絡協議会

8 各種認定制度について
本説明会は、以下の認定制度の更新のためのポイント/点数の付与対象と
なっています。
・MDIC(医療機器情報コミュニケータ)認定制度
・認定ホスピタルエンジニア
・臨床ME専門認定士制度

9 個人情報の取扱い
参加申込みの際にいただいた個人情報は、本説明会を実施する目的           にのみ使用し、開催後は速やかに破棄します。

※連絡先
四国総合通信局 電波監理部 電波利用環境課
担当:笠井課長、武井課長補佐
電話:089-936-5055 FAX:089-936-5050

「農業とICT/IoT利活用セミナー in 高知」を開催

四国情報通信懇談会は、四国総合通信局及び高知県IoT推進ラボ研究会
との共催により、平成30年9月26日(水)に「農業とICT/IoT利活用
セミナー in 高知」を開催します。
本セミナーでは、農業分野においてICT/IoTを活用して生産性を向上させて
いる様々な取組を紹介いたします。

1 日時
平成30年9月26日(水)13時30分から16時30分まで

2 場所
高知新聞放送会館 東館7階 高新文化ホール
(高知県高知市本町3-2-15)

3 内容
(1)施策説明
説明1:ICT/IoTの地域実装によるデータ主導社会の実現
説明者:総務省情報流通行政局 地方情報化推進室長 松田 昇剛

説明2:四国におけるICT/IoT実装の取組事例
説明者:総務省四国総合通信局 情報通信振興課長 砂川 秀喜

(2)事例紹介
事例1:稼ぐ農業の実践
講 師:株式会社いろどり 代表取締役社長
総務省地域情報化アドバイザー 横石 知二 氏

事例2:次世代施設園芸+αで生産性と付加価値向上
講 師:株式会社シティネット 代表取締役社長 渡邊 基文 氏

事例3:水田センサでブランド米の品質向上
講 師:一般財団法人本山町農業公社 専務理事 和田 耕一 氏

(3)パネルディスカッション
テーマ:
高知で“稼ぐ農業”を語る
コーディネーター:
福本 昌弘 氏(高知工科大学 教授)
パネリスト:
横石 知二 氏(株式会社いろどり 代表取締役社長)
渡邊 基文 氏(株式会社シティネット 代表取締役社長)
和田 耕一 氏(一般財団法人本山町農業公社 専務理事)

4 申込方法
次の方法で、四国総合通信局(情報通信振興課)にお申し込みください。
(1)電子メール
氏名、所属企業・団体、電話番号、電子メールアドレスを明記のうえ、次の
電子メールアドレスあてに送信してください。
なお、件名を「農業とICT/IoT利活用セミナー in 高知」としてください。
電子メール:shikoku-chiiki_atmark_soumu.go.jp
(注意)スパムメール対策のため「@」を「_atmark_」と表示しております。
送信の際は「_atmark_」を「@」に変更してください。
(2)電話
電 話:089-936-5061

5 募集定員
70名(参加無料)

6 主催等
主催:総務省四国総合通信局
共催:高知県、高知県IoT推進ラボ研究会、四国情報通信懇談会
後援:中国四国農政局、全国農業協同組合連合会高知県本部、
高知県農業協同組合中央会、高知県園芸農業協同組合連合会、
一般社団法人高知県農業会議、公益財団法人高知県農業公社、
一般社団法人高知県情報産業協会、全国商工会連合会

「えひめICTトレンドセミナー」を開催

えひめITフェア実行委員会は、「産業分野」「生活・社会」及び「教育」
のカテゴリーでICT利活用の現状と未来の可能性を体感していただける
様々なセミナー・展示・実演を行う「えひめICTトレンドセミナー」を
開催します。

日時:平成30年7月25日9:20~17:00(開場9:00)
    平成30年7月26日10:00~16:30(開場9:00)

場所:松山市総合コミュティセンター
   (愛媛県松山市湊町7-5)

主催:えひめITフェア実行委員会
   (構成:愛媛県IT推進協会、四国総合通信局、愛媛県、松山市、
    四国情報通信懇談会、公益財団法人えひめ産業振興財団)

内容:基調講演「スーパーコンピュータで魔球が創れるか?」
   ~流れの数値計算と人体の動力学解析で野球のピッチングを変える~
    講師 姫野 龍太郎氏
   (理化学研究所 情報システム本部 研究開発部門)
※ その他、様々なセミナー・展示がございます。

内容の詳細及びセミナー参加申込については、
えひめICTトレンドセミナーホームページに掲載しております。

「医療分野におけるICT技術セミナー@高知」を開催

四国情報通信懇談会は、四国総合通信局とともに、平成30年7月20日
(金)に高知市で「医療分野におけるICT技術セミナー」を開催します。

1 開催日時
 平成30年7月20日(金)13時30分から16時30分まで(開場:13時)

2 開催場所
 高知医療センター2階 くろしおホール(高知市池2125番地1)

3 内容
(1)SCOPEを利用した研究開発の成果発表
ア テーマ:「センサーネットワークを活用したPHRとEHRの統合による
       個別化糖尿病疾病管理プログラムの開発」
  講師:国立大学法人徳島大学 先端酵素学研究所 
     糖尿病臨床・研究開発センターセンター長・教授 松久 宗英 氏
イ テーマ:「日本一の健康長寿県構想」に資する高度脳画像クラウド研究開発
  講師:高知県公立大学法人高知工科大学 総合研究所/情報学群
     所長・教授 岩田 誠 氏

(2) 医療分野における最新の技術動向の紹介
 ア 演題:「臨床互助ツール『ヒポクラ x マイナビ』における
       臨床支援とAI開発」
   講師:株式会社エクスメディオ 
   取締役 最高技術責任者 今泉 英明 氏
 イ 演題:「医療分野における量子暗号研究について(仮題)」
   講師:国立研究開発法人情報通信研究機構 
   未来ICT研究所 量子ICT先端開発センター 
   主管研究員 佐々木 雅英 氏
    
(3) ICT研究開発支援策の紹介等
  ア 地域と協働したICT研究開発支援策等の紹介
    担当:四国総合通信局、情報通信研究機構
  イ 高知医療センターの活動紹介
    担当:高知医療センター 

4 申込方法
  下記申込フォームよりお申し込みください。
  ※医療情報技師更新ポイント(3ポイント)が付与されます。
   資格をお持ちの方はお申込みの際にその旨記載してください。

5 募集定員
  100名(先着順で定員になり次第受付を終了します。)

6 参加費
  無料(どなたでも参加いただけます。)

7 主催等(予定を含む)
  主催:総務省四国総合通信局、四国情報通信懇談会
  協力:国立研究開発法人情報通信研究機構
  後援:厚生労働省四国厚生支局、高知県、高知県立大学、高知工科大学、
     高知県・高知市病院企業団立高知医療センター、
     一般社団法人高知県医師会、日本情報医療学会中国四国支部、
     四国医療情報技師会、高知県医療情報通信技術連絡協議会

8 個人情報の取扱い
  御連絡いただいた個人情報については、本セミナーへの参加申込みの受付
  の他、今後のICTに関する技術セミナーのお知らせに限り利用します。

9 ご来場の際の注意事項
  公共交通機関(タクシーまたは路線バス(高知駅・はりまや橋方面からは種
  崎・望海ケ丘行き「高知医療センター」下車))
  をご利用いただくか、お車でお越しの場合は、臨時駐車場または職員用駐車
  場をご利用願います。
  (一般用A、一般用B、第2駐車場は患者様が利用されますのでご利用は
   ご遠慮ください。)

■参加申込
下の「参加申込用フォーム」をご利用ください。

※申込期限:7月13日(金曜日)

この下に(つづきを読む)が表示されているときは「参加申込用フォーム」が隠れた状態です。(つづきを読む)をクリックすると表示されます。
(つづきを読む…)

近未来情報化講演会を開催(かがわ情報化推進協議会)

四国情報通信懇談会は、かがわ情報化推進協議会との共催により、
平成30年6月6日(水)に高松市で「近未来情報化講演会」を開催をいたします。
今回は、ユーザーインターフェース研究の第一線で活躍しておられる
東京大学大学院の歴本純一教授をお迎えし、最新の構想と将来について
後援いただきます。

1 開催日時
  平成30年6月6日(水)15:40-17:20(15:35開場)
2 開催場所
  リーガホテルゼスト高松(香川県高松市古新町9番1号) 
   近未来情報化講演会 2階エメラルド
   TEL:087-822-3555

3 概要
   近未来情報化講演会   
   演 題:「IoTからIoAへ、人類を拡張するネットワーク」 
   講 師:東京大学 大学院情報学環 教授
       ソニーコンピュータサイエンス研究所 副所長
       暦本 純一 氏

4 参加費
   無料

5 お申込み
  5月29日(火)までに
  「お名前・貴社(団体名)・所属・メールアドレス(電話番号)」を
  メールまたはFAXにてお送りください。
  【宛先】
  かがわ情報化推進協議会 事務局
  (香川県政策部情報政策課内)
  【お申込み】
   E-mail:webmaster@kagawa-net.org
   FAX: 087-834-1542
  【お問い合わせ】
   TEL: 087-832-3140

【会員限定】平成30年度調査研究活動の提案募集の開始
(募集期間:平成30年4月2日から5月25日の12時まで)

四国情報通信懇談会では、地域に活力を与え、時宜にかなった地域情報化を進めるため、会員自らが主体性を持った調査研究活動に取り組む制度を設けています。
会員に対して、調査研究活動の提案(テーマ及び計画等)募集を行い、地域のICT利活用に成果展開が見込める調査研究活動を採択した提案者に委託することにより実施します。

◆◆ 平成30年度調査研究事業の募集 ◆◆
今回、平成30年度の調査研究事業について、会員の皆様からの提案を募集いたします。
なお、本公募は、できるだけ早く調査研究者が調査研究を開始できるようにするため、平成30年度予算成立前に始めるものです。したがって、予算の状況によっては、今後、内容に変更があり得ることをあらかじめ御承知おきください。

・受付期間 平成30年4月2日(月)~5月25日(金)12時必着
・応募条件 提案者は、四国情報通信懇談会の会員に限ります。

詳しくは募集要項をご覧ください。
また、提案される方は提案書様式をダウンロードし、必要事項を記入の上、電子メールでご提出ください。

【提出先】四国情報通信懇談会運営委員会事務局
メールアドレス:info_atmark_shikoku-ict.jp
(注意)送信の際は「_atmark_」を「@」に変更してください。

>>H30調査研究活動提案募集要項

>>H30調査研究活動提案書様式

>>H30調査研究活動負担対象経費一覧表

調査研究活動テーマは、四国地域に活力を与え、地域情報化を促進するテーマであれば特に分野は問いませんが、以下の要件を満足する必要があります。
1 調査研究活動結果が地域のICT利活用に成果展開が見込める内容であること
2 他の調査研究活動テーマと重複するものでないこと(他の調査研究活動テーマの経費を補填するものでないこと)
3 原則として平成31年3月までに調査研究活動を終了すること