四国情報通信懇談会(四情懇)

Web×IoTメイカーズチャレンジ2020-21in徳島の開催

四国総合通信局とWeb×IoTメイカーズチャレンジ徳島運営委員会は、IoTシステム開発のスキルアップを目指す若者等を対象とした「Web×IoTメイカーズチャレンジ2020-21in徳島」(*)をオンラインで開催します。
四国情報通信懇談会は、本イベントに協力します。

*総務省「IoT機器等の電波利用システムの適正利用のためのICT人材育成事業」として、IoTシステム開発を行う若者等のIoTに関する理解度・習熟度向上を図るスキルアップイベントです。
 詳細は以下をご覧ください。
 https://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/20200923.html

映像制作研修会in吉野川高等学校(全4回)の開催

映像制作研修会in吉野川高等学校(全4回)の開催

四国情報通信懇談会コンテンツ部会は、「映像制作研修会in吉野川高等学校」を下記のとおり開催します。

               記

1 開催日時
第一回:令和2年9月7日(月)8:50-10:40
第二回:令和2年9月10日(木)11:00-12:50
第三回:令和2年9月14日(月)8:50-10:40
第四回:令和2年9月17日(木)11:00-12:50

2 開催場所
徳島県立吉野川高等学校(徳島県吉野川市鴨島町喜来681-9)

3 内容
・映像制作のための企画・構成に関する講義
・撮影方法や映像編集に関する講義
・映像制作実習と作品評価

5 講師
四国大学 経営情報学部 メディア情報学科 教授 山本 耕司 氏
(四国情報通信懇談会コンテンツ部会 幹事)

6 対象
徳島県立吉野川高等学校 情報ビジネス科 2年生 24名の生徒

7 問い合わせ先
総務省四国総合通信局 情報通信部 電気通信事業課
(四国情報通信懇談会コンテンツ部会事務局)
 情報通信連携推進官 上席コンテンツ流通促進官 宮岡 裕昭
TEL:089-936-5044
E-mail:shikoku-contents@soumu.go.jp  

インターネットの安心・安全な利用に関する動画制作ワークショップ

「インターネットの安心・安全な利用に関する動画制作ワークショップ」の
開催

近ごろ、スマートフォンが子ども達の間に急速に広がり、インターネットの
利用が進む一方で、ネット依存、ネットいじめ、ネット詐欺、不適切投稿や
著作権・肖像権の侵害などが大きな問題になっており、子ども達を守る活動
が社会的に求められています。
この度、総務省四国総合通信局と情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)は、
四国情報通信懇談会と協力し、インターネットの安心・安全な利用に関する
啓発動画の制作を通じて、子ども達がインターネットリテラシーを身につけ
ることの重要性を「自分のこと」として考える端緒となることを目指したワ
ークショップを、下記のとおり開催します。

1.開催日時
令和2年9月12日(土)10時30分~16時00分

2.開催場所
情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ) BBスクエア
(香川県高松市サンポート2番1号 高松シンボルタワー タワー棟4階)

3.ワークショップ内容
・動画制作に関する講義
(撮影・編集の技術的なアドバイスや著作権・肖像権などに関する注意)
・プランニング、動画撮影、編集作業
・作品発表、講評

4.動画制作テーマ
スマホ・ケータイ・パソコン・タブレット・ゲーム機等様々な機器で起こり
得る危険性について以下のテーマから選択し動画を制作する(複数のテーマ
を選択し、一つの動画にまとめることも可能)。
① ネット依存
例 無料通話アプリなどのSNSへの依存、歩きスマホ、スマホゲームの課金、
ゲーム症(障害)
② ネットいじめ
例 無料通話アプリでのいじめ、写真や動画でのいじめ、掲示板・ブログ・
メールなどでのいじめ
③ 誘い出し・なりすまし
例 偽りのプロフィール、写真の要求、「直接会おうよ、うちへおいでよ」
④ フェイクニュース
例 間違った情報や根拠のない情報の発信及び拡散
⑤ 個人情報漏えい
例 SNSやブログの情報からの個人特定、写真や動画での個人情報の漏えい
⑥ 著作権・肖像権
例 違法ダウンロード、違法アップロード、無断撮影、無断公開

5.制作する動画について
① 作品時間
30秒程度
② 撮影機材
e-とぴあ・かがわにおいて貸与するiPadを使用
(参加者一人につき1台貸与。)
③ 注意事項
以下の画像が映っていないこと
・他人が描いたアニメや漫画などのキャラクター
・他人が制作した音楽
・テレビ、映画の画像
・スマホのアプリの画面
・実在する企業名、サービス名、商品名

6.講師
株式会社火燵 代表取締役 安部 貴士 氏
(四国情報通信懇談会コンテンツ部会幹事、
香川短期大学経営情報学科デザイン・アートコース非常勤講師)

7.募集対象者
香川県内の中学生、高校生(3~4名×4グループ以内)

8.主催等
主催:総務省四国総合通信局
   情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)
共催:四国情報通信懇談会
後援:香川県教育委員会、高松市教育委員会

9.会場における感染症の予防対策
会場においては、次の感染症の予防対策を実施します。
・受付時、参加者に健康状態を確認します。必要に応じて検温を実施し、発熱
など症状があれば参加を遠慮願うことがあります。
・会場入り口にアルコール消毒液を設置し、手指の消毒を依頼します。
・参加者へマスク着用を依頼します。主催者や講師もマスクを着用します。
・参加グループ同士の間隔は2m以上あけます。参加グループ内においても、可
能な限り間隔をあけます。
・会場のドアは開放して空調機器を稼働させるなどして、室内空気の滞留を避
けます。

10. 問い合わせ先
総務省四国総合通信局 情報通信部 電気通信事業課
(四国情報通信懇談会コンテンツ部会事務局)
 情報通信連携推進官 上席コンテンツ流通促進官 宮岡 裕昭
TEL:089-936-5044
E-mail:shikoku-contents@soumu.go.jp

【お知らせ】四国情報通信懇談会 第35回総会の審議結果について

標記について、皆様から多数の承認をいただき、すべての議事について、成立いたしました。
今後はいただいたご意見も踏まえながら、事業計画等に基づき事業の具体化を図ってまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

いただいたご意見の概要 (1)

「四国コンテンツ映像フェスタ2020」の動画作品を募集

四国情報通信懇談会は、「四国コンテンツ映像フェスタ2020」を開催し、令和2年5月28日(木)から10月27日(火)までの間、「四国を元気にする! ~四国のステキを知ってほしい!~」をテーマにデジタル動画コンテンツを募集します。
平成19年度から開催している本フェスタも今回で14回目を迎えます。あなただけが知っている四国の魅力が、きっとあるはず。「四国のステキ」を紹介する映像作品をどんどんご応募ください。

 ◎募集テーマ
  「四国を元気にする!~四国のステキを知ってほしい!~」
   (四国産品のPR、観光客誘客、移住促進、学校・地域の活動紹介・・・など)

 ◎募集部門等
  *募集部門
   プロ・セミプロ・自治体部門
   アマチュア部門
   小・中学生部門

  *作品時間
   180秒以内
  
 ◎募集期間
  令和2年5月28日(木)から同年10月27日(火)17時必着

 ◎募集要項、応募に関する資料等
  以下のURL(四国総合通信局HP)よりご覧ください。
 https://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/20200528.html
   

 ◎応募作品の提出先と問い合わせ先
〒790-8795 愛媛県松山市味酒町2-14-4
   四国総合通信局 情報通信部 電気通信事業課
    担当:宮岡、江本
   TEL :089-936-5044
   Mail:shikoku-contents@soumu.go.jp

【お知らせ】四国情報通信懇談会 第35回総会について

 四国情報通信懇談会第35回総会について、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、書面(メール)による開催・審議とさせていただくこととします。ご理解いただきますようお願いいたします。

1 開催(審議)方法
・審議事項(令和2年度事業計画(案)等)についてメールにてお送りします。
・資料を確認の上、承認可否やご意見等をメール又はFAXにてご提出ください。

2 スケジュール
  5月19日(火)審議事項の送付(メール)
  5月26日(火)承認可否及びご意見等の提出期限
  5月26日(火)~6月8日(月)確認・調整等(事務局)
  6月 9日(火)以降 審議終了・審議結果のお知らせ(当ホームページ上(会員向け))
 
  ※メールが到達しない場合は、お手数ですが事務局までご連絡ください。
   電話 : 089-994-6501
   電子メール : info@shikoku-ict.jp

令和2年度委託調査研究事業の募集

四国情報通信懇談会では、地域に活力を与え時宜にかなった地域情報化を進めるため、会員自らが主体性を持った調査研究活動に取り組む制度を設けています。
会員に対して、調査研究活動の提案(テーマ及び計画等)募集を行い、地域のICT利活用に成果展開が見込める調査研究活動を提案した団体・個人に委託することにより実施します。

◆◆ 令和2年度委託調査研究事業の募集 ◆◆
今回、令和2年度の委託調査研究事業について、会員の皆様からの提案を募集いたします。
なお、本公募は、できるだけ早く調査研究者が調査研究を開始できるようにするため、令和2年度予算成立前に始めるものです。したがって、予算の状況によっては、今後、内容に変更があり得ることをあらかじめ御承知おきください。
※募集は終了しました。
・受付期間 令和2年4月1日(水)~(延長)6月5日(金)12時必着
・応募条件 提案者は、四国情報通信懇談会の会員に限ります。

詳しくは募集要項をご覧ください。
また、提案される方は提案書様式をダウンロードし、必要事項を記入の上、電子メールでご提出ください。

【提出先】四国情報通信懇談会運営委員会事務局
メールアドレス:info_atmark_shikoku-ict.jp
(注意)送信の際は「_atmark_」を「@」に変更してください。

200529_締切修正_調査研究活動募集要項
02_2020調査研究活動提案書様式
03_2020調査研究活動担対象経費一覧

調査研究活動テーマは、四国地域に活力を与え、地域情報化を促進するテーマであれば特に分野は問いませんが、以下の要件を満足する必要があります。
1 研究結果が地域のICT利活用に成果展開が見込める内容であること
2 他の調査研究活動テーマと重複するものでないこと
 (他の調査研究活動テーマの経費を補填するものでないこと)
3 原則として令和3年3月までに調査研究活動を終了すること

 

高知市で「四国における5G利活用推進セミナー」を開催

四国情報通信懇談会は、四国総合通信局及び高知みらい科学館
との共催により、令和2年2月20日(木)に高知市において
「四国における5G利活用推進セミナー」を下記のとおり開催
しますので、ご案内申し上げます。

5Gは、「超高速・大容量」、「多数同時接続」、「超低遅延」といった
特徴を持つ次世代の移動通信システムであり、「Society5.0」
を支える基盤として位置付けられています。携帯電話事業者による商用
サービスについては昨年秋からプレサービスが開始されており、今年
春頃には本サービスが開始される予定です。また、地域のニーズや
多様な産業分野の個別ニーズに応じて様々な主体が柔軟に利用可能な
ローカル5Gについても、昨年12月24日から免許申請の受付が
開始されています。

本セミナーでは、四国管内の5Gに関する多様な取組事例等を紹介する
ことにより、社会・地域・産業等の様々な分野での大きな変革が期待されて
いる5Gの最新動向やユースケースについて、理解を深めていただきます。

1 開催日時
 令和2年2月20日(木)14時から17時まで
(13時から受付開始)

2 開催場所
オーテピア 4階 ホール (高知市追手筋2-1-1)

3 講演内容
【講演1】(14:10-14:50)
 演題:「5Gの普及展開に向けた取組」
 講師:総務省 総合通信基盤局 電波部 移動通信課 課長補佐 宇仁 伸吾
 要旨:5G政策に関する総務省の最新情報をご紹介。

【講演2】(14:50-15:30)
 演題:「5G時代のビジネス協創に向けた取組」
 講師:株式会社NTTドコモ四国支社 法人営業部担当課長 稲月 裕介 氏
 要旨:「動くサテライトオフィス」(徳島県神山町、平成30年度)、
   「高精細画像によるクレーン作業の安全確保」(今治市、令和元年度)
    等、四国における5G総合実証試験を含む多様な取組をご紹介。

【講演3】(15:40-16:20)
 演題:「ローカル5G実証実験と事業展開」
 講師:住友商事株式会社 ケーブルテレビ事業部長 小竹 完治 氏
 要旨:愛媛県松山市内での「地方都市での屋外検証」を含む、全国で実施した
    ローカル5Gを活用した4K・8K映像伝送の実証実験等をご紹介。

【講演4】(16:20-17:00)
 演題:「プライベートマイクロセル(注)による
     5G可用性向上に関するNICTの取組」
 講師:国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 
    ワイヤレスネットワーク総合研究センター 
    ワイヤレスシステム研究室長 児島 史秀 氏
 要旨:四国管内を実証フィールドにした5G研究開発事例を含む、
    NICTの5Gに関する研究開発事例をご紹介します。
 (注):プライベートマイクロセル:場所を限定した自営の無線通信システム
    

4 申込方法
 参加を希望される方は、令和2年2月13日(木)までに、次のいずれかの
 方法で 四国総合通信局(電波利用企画課)までお申込みください。
(1)電子メール
 次の必要事項を電子メール本文に記載し、以下のアドレスあてに
 送信してください。
 なお、件名を「5G利活用推進セミナー申込み」として送信してください。
 【必要事項】
  ア 氏名 
  イ 所属・役職 
  ウ 連絡先(電子メールアドレス・電話番号)
 【送信先】
  電子メール: shikoku-suishin@soumu.go.jp

(2)FAX
 開催案内兼参加申込書に必要事項を記載し、以下のFAX番号あてに
 送信してください。
【送信先】
 FAX:089-936-5008
 開催案内兼参加申込書は、四国総合通信局のホームページからダウンロード
 できます。
 https://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/20200120.html

5 募集定員
 150名

6 参加費
 無料(どなたでも参加いただけます。)

7 主催等
 主催:四国総合通信局
 共催:高知みらい科学館、四国情報通信懇談会
 後援:四国経済産業局(申請中)、高知県(申請中)

8 個人情報の取扱い
 参加申込みの際にいただいた個人情報は、本セミナーを実施する
 目的以外には使用せず、開催後は速やかに破棄します。

9 問い合わせ先
 四国総合通信局 無線通信部 電波利用企画課 
 上席企画監理官 宮岡 裕昭
 電 話:089-936-5071
 FAX:089-936-5008
 電子メール:shikoku-suishin@soumu.go.jp

「とくしまICTバザールVol.5」開催

今回で5回目の開催となる当会会員開催イベント
「とくしまICTバザールVol.5」が
次のとおり開催されます。

このイベントは最新ICT技術の祭典として、
5Gをはじめ、AI、IoT、VR、RPA、ドローン、eスポーツ等、
最新のICT技術に触れ合える多数のブース出展のほか、
出展者による各種のセミナーやワークショップを実施します。

今回は携帯キャリア3社による「5G特別展示」を実施。
ぜひご来場いただき、一歩先の未来を体感してください。
(先に掲載しました「ICT(愛して)とくしまフォーラム」
 との同時開催となりますのでこちらも併せて御検討ください。)

■日時
 令和2年1月24日(金)9:30~18:00
 令和2年1月25日(土)9:30~16:30

■会場
 アスティとくしま・ときわプラザ(徳島市山城町東浜傍示1-1)
 ※ブース、セミナーとも会場は2階です

■主催者等
 主催 徳島県
 共催 ダイワボウ情報システム株式会社
 特別協賛 デル株式会社、インテル株式会社、株式会社STNet、
      株式会社マウスコンピューター

■同時開催
 「ICT(愛して)とくしまフォーラム」
 令和2年1月24日(金)13:30~15:45
 https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/sangyo/ict/5031772/
■お問い合わせ
 とくしまICTバザール開催事務局
 (徳島県 政策創造部 地方創生局地域振興課)
 電話:088-621-2117
  https://tokushima-ict-bazaar.jimdofree.com/お問い合わせ/

松山市で「地域IoT実装推進セミナー」を開催

松山市で「地域IoT実装推進セミナー」を開催
≪地域発!Society5.0実現に向けた取組と課題≫
四国総合通信局は、令和2年2月12日(水)に松山市で
「地域IoT実装推進セミナーin松山」
を開催します。
本セミナーでは、Society5.0時代に向けたまちづくりを目指すためのポイント
として地域におけるデータに着目し、そのデータ利活用方策とこれを使いこな
す人材の育成、さらにSociety5.0時代を支える情報通信基盤である5Gにつ
いて取組事例や可能性等を紹介する講演とパネルディスカッションを行います。

1 開催日時
令和2年2月12日(水)13時30分から16時30分まで

2 開催場所
松山市男女共同参画推進センター(コムズ)5階 大会議室
(松山市三番町6丁目4番地20)

3 内容
(1)基調講演
演 題:Society5.0実現に向けた政策動向(仮題)
講 師:総務省 情報流通行政局 地域通信振興課 課長補佐 岡 元紀

(2)講演
演題1:5Gの概要とそのユースケースについて
講 師:第5世代モバイル推進フォーラム事務局
一般社団法人電波産業会 研究開発本部 主任研究員 山崎 義樹 氏
演題2:地域の資源を“ゆるくつなぐ”データの地産地消が街をもっと元気にする?
東京都墨田区と富山県黒部市での実証実験を通して見えたもの?
講 師:国立研究開発法人 情報通信研究機構 
オープンイノベーション推進本部
ソーシャルICTシステム研究室 室長 荘司 洋三 氏

(3)パネルディスカッション
テーマ:Society5.0時代に向けたまちづくりへの取組と課題 ~まちづくりに
役立つIoTレシピは如何に~
モデレーター:
中川 和之 氏(株式会社時事通信社 解説委員)
パネリスト:
鵜川 大  氏(福島県会津若松市 企画政策部 企画副参事)
小澤 孝洋 氏(香川県高松市 総務局次長)
武田 惇奨 氏(MOCKUPプログラミング教室 代表)
        (株式会社武田林業代表取締役)
山崎 義樹 氏(第5世代モバイル推進フォーラム事務局
        一般社団法人電波産業会 研究開発本部 主任研究員)

(4)四国地域におけるIoT実装に関する施策及び取組紹介
 説明者:四国総合通信局職員、自治体職員

4 定員等
 100名(先着順、参加無料)

5 主催等
 主催:四国総合通信局
 共催:愛媛県(予定)、松山市、四国情報通信懇談会
 後援:四国経済産業局(予定)、四国地方整備局、四国運輸局
四国経済連合会、えひめAI・IoT推進コンソーシアム、
まつやまデータ利活用研究協議会

6 申込方法
 以下の時事通信社
(セミナー事務局:総務省からのセミナー運営業務委託先)
のサイトからお申込みください。
 https://jiji.smartseminar.jp/public/application/add/744
7 申込期限
  令和2年2月7日(金)17時まで
  (定員になり次第、受付を終了します。)
8 個人情報の取扱
  参加申込の際にお知らせいただいた個人情報は、本セミナーを実施する
目的以外には使用しません。

9 その他
  本セミナーはペーパーレスで行います。
事前にセミナー事務局(時事通信社)から講演資料の
ダウンロードURLをメールでお送りしますので
ご利用ください。