本セミナーは、昨今関心が高まる防災技術を取り上げ、高知大学、高知工科大学及び国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)で行われている研究開発について、実際に研究に携わっている研究者からお話を伺います。

1 開催日時
平成30年1月18日(木)13時30分から16時30分まで
(13時00分から受付開始)

2 開催場所
高知新聞放送会館 東館7階 高新文化ホール
(高知県高知市本町3丁目2-15)

3 講演内容
【講演1】
演題:「単一周波数の小型気象レーダを複数用いた
極端気象監視ネットワーク のプロトタイプ構築」
講師:高知大学 自然科学系理学部門
教授 佐々 浩司(さっさ こうじ)氏

【講演2】
演題:「津波防災情報伝達を目的とした
非常時IoT通信システムの研究開発」
講師:高知工科大学 システム工学群
教授 山本 真行(やまもと まさゆき)氏

【講演3】
演題:「災害に強いワイヤレスネットワークの研究開発」
講師:国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
ソーシャルイノベーションユニット
耐災害ICT研究センター 応用領域研究室
室長 久利 敏明(くり としあき)氏
主任研究員 大和田 泰伯(おおわだ やすのり)氏

4 申込方法
申込受付を終了いたしました。
たくさんの方々にお申し込みいただき、ありがとうございました。

5 募集定員
60名(参加無料)

6 主催等
主催:四国総合通信局
協力:国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
後援:高知県、四国情報通信懇談会

なお、本セミナーにつきましては、四国総合通信局のホームページにも
掲載しております。