1 開催概要
 四国総合通信局では、情報通信技術分野の競争的資金である戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)※により大学・企業・地方公共団体などの研究開発を支援するとともに、四国情報通信懇談会との共催で研究発表会や研究者と自治体関係者その他の方々との交流会を開催し、ICT研究開発に関するさまざまな情報を提供しています。
 今回の技術セミナーでは、はじめに徳島大学大学院社会産業理工学研究部 講師 光原 弘幸 氏からSCOPEを利用した「地域密着型の防災システムの研究開発」の成果を発表いただきます。
 続いて、徳島版「地方創生特区」において活用が進むドローン(小型無人機)をテーマに、①徳島大学大学院社会産業理工学研究部 准教授 三輪 昌史 氏からドローンを利用したインフラ点検について、②株式会社ダンクソフト 神山ブリッジキャプテン 本橋 大輔 氏から小学生を対象にした教育へのドローンの活用、③株式会社三重計測サービス 代表取締役社長 横山 薫 氏からダムから文化財まで幅広い分野でのドローンによる計測・調査の実例を紹介いただきます。
 ※ 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)は、情報通信技術(ICT)分野において新規性に富む研究開発課題を大学・独立行政法人・企業・地方公共団体の研究機関などから広く公募し、選考評価の上、研究を委託する総務省の研究開発資金です。これにより、若手ICT研究者の育成、中小企業の斬新な技術の発掘、ICTの利活用による地域の活性化、国際標準獲得等を推進する事業です。29年度はこれまでに四国で7件の応募があり、2件が採択されています。

2 開催日時
 平成29年9月4日(月)13時30分から17時まで(受付開始:13時)

3 開催場所
 徳島大学理工学部共通講義棟K206号室(徳島市南常三島町2丁目1番地)

4 プログラム
 (1) SCOPEを利用した徳島大学の研究開発の成果発表
    演題:「“命を守る”ためのICT活用地域密着型防災システム」
    講師:国立大学法人徳島大学 大学院 社会産業理工学研究部
       講師 光原 弘幸(みつはら ひろゆき)氏
 (2) 地域課題解決に資するドローンの最新の技術
  ア 演題:「マルチコプタによるインフラ点検作業での注意事項(仮題)」
    講師:国立大学法人徳島大学 大学院 社会産業理工学研究部
       准教授 三輪 昌史(みわ まさふみ)氏
  イ 演題:「マルチコプタを利用した小学生を対象とした地域教育(仮題)」
    講師:株式会社ダンクソフト
       神山ブリッジキャプテン 本橋 大輔(もとはし だいすけ)氏
  ウ 演題:「ドローン利活用最前線。計測、調査、ダムから文化財まで、実業務での事例を紹介(仮題)」
    講師:株式会社三重計測サービス
       代表取締役社長 横山 薫(よこやま かおる)氏
 (3) ドローンのデモンストレーション

5 募集定員
 70名(先着順で定員になり次第受付を終了します。)
 
6 主催等
 主催:四国総合通信局、四国情報通信懇談会
 後援:国土交通省徳島河川国道事務所、徳島県、国立大学法人徳島大学、公益財団法人e-とくしま推進財団、四国経済連合会
 
7 お申込み方法
 申込受付を終了しました。
 たくさんの方にお申込みいただき、ありがとうございました。

“>セミナーチラシ(地域課題解決に向けた技術セミナー@徳島)