クラウドコンピューティングの登場により、情報の集約拠点であるデータセンターの重要性がますます増加しています。
総務省では、国内に設置されたデータセンターの国際競争力を向上させるため、平成21年5月より、「クラウドコンピューティング時代のデータセンター活性化策に関する検討会」を開催し、国内データセンターの活性化策等を検討してきました。
それら検討の結果、本年5月に、データセンターの国内立地を推進するための特区制度の検討等の提言を取りまとめた報告書を公表しました。

報告書には、クラウドコンピューティングのことも解説されています。

■報告書等詳しくは >> 総務省ホームページ