1 開催趣旨
 少子高齢化と人口減少が進む地域において、地域の活性化をめざすICT/IoT利活用の期待はますます高まっています。本セミナーでは、地域産業の中心でもある第一次産業(農林水産業)分野や地域を支える人材育成のための教育分野において、ICT/IoT利活用の導入事例等を紹介して、利活用の動向について御理解いただくとともに、新たな地域の活性化手法等について考える機会とするために開催するものです。

2 日時
 平成29年2月22日(水)14時から16時30分まで

3 場所
 高知市文化プラザかるぽーと(高知県高知市九反田2-1)

4 対象
 一般(どなたでも御参加いただけます)
 募集定員:70名

5 概要(予定)
○主催者挨拶
四国総合通信局長 佐藤 裁也(さとう たつや)
○基調講演「地域IoT実装推進ロードマップの実現に向けて(仮題)」
○【事例紹介1】
演題:「ないものはない-離島からの挑戦」
講師:島根県海士町 町長 山内 道雄(やまうち みちお)氏
○【事例紹介2】
演題:「海士町における教育・漁業分野のICT導入の軌跡」
講師:島根県海士町 隠岐國学習センター 副長 大辻 雄介(おおつじ ゆうすけ)氏
○【事例紹介3】
演題:「ICTを利用した木材関連産業の振興について」
講師:岐阜県東白川村 地域振興課 課長 桂川 憲生(かつらがわ のりお) 氏
○【閉会挨拶】
四国情報通信懇談会運営委員(高知工科大学 情報学群 教授) 福本 昌弘(ふくもと まさひろ)氏

6 主催等
 主催:四国総合通信局
 共催:四国情報通信懇談会
 後援:高知県

申込受付を終了しました。
たくさんの方にお申込みいただき、ありがとうございました。