【1】ICT地域活性化懇談会の提言(総務省)
 人口減少・高齢化、雇用機会の減少等、様々な課題を抱える地域社会において、ICTの持つ潜在力の発揮による課題解決が期待される中、我が国においては、ICTの利活用が立ち後れており、地域の課題解決に十分につながっているとは言い難い状況にあります。
 このような現状を踏まえ、総務省は、地域の自主性と自立性を尊重しつつ、ICTを軸として、地域が自ら考え実行する「地域自立型」の地域活性化を総合的に推進するため、「ICT地域活性化懇談会」を開催し(平成23年2月から6月)、平成23年7月にICTによる地域活性化に向けた方策についての提言が公表されました。

 ≫ ICT地域活性化懇談会の提言(総務省HP)

【2】ICT利活用普及促進活動(四情懇)
 四国情報通信懇談会では、昨年度の調査研究活動において『地域課題を解決するためのガイドブック(医療・保健編)』をとりまとめ、ICT導入の先進事例から地域課題解決には地域資源の活用やその仕組みづくりが重要であるなど、ICT活用の背景にある課題解決の個別・共通の要素、条件、環境を明らかにする調査研究を行いました。

 ≫ ガイドブックダウンロード(PDFファイル、2.8MB)
   【※ 医療・保健以外の分野にもご参考いただけます】

 今年度はこの成果を発展する取組として、ICT地域活性化懇談会の提言にも即した形でのICT利活用普及促進活動を、地域課題解決と情報通信インフラの活用に意欲的である地域との協働により実施します。

■活動目的
 ICTを活用した地域活性化のモデルづくりを通じて、四国におけるICT利活用の総合的な普及促進を図る。

 ここでいうモデルづくりとは、地域活性化の取組にICTを活用するにあたっての検討体制のあり方並びに地域特性及び地域課題に応じたICT利活用手法(運用体制面及びシステム面)等について、他地域の手本となるものをつくることである。

■活動目標
 地域課題解決のための情報化推進に関する調査研究を行った上で、その成果を実用(整備・運用)につなげる。

■活動期間
 平成25年3月31日まで

■活動方法
 総務省「ICT地域活性化懇談会」の提言に即した次の取組を、活動地域と四国情報通信懇談会との協働により実施する。
 1)地域ICT人材の育成・活用の推進
 2)課題解決指向の「地域自立型」の取組の推進
 3)地域におけるICT利活用基盤整備の推進
 4)官民情報連携の推進
 5)様々な分野におけるICT利活用による地域活性化

■活動地域
 愛媛県上島町

【選定理由】
 上島町及び弓削商船高等専門学校は、地域課題解決及び情報通信インフラの活用に意欲的であり、上島町において、情報化推進のための地域協議会の設置、調査研究の実施及びその成果の実用までを見通した一連の取組が行えると認められるため。

 ≫ 上島町情報化推進協議会ホームページ

■お問い合わせ先
 四国総合通信局 情報通信振興課 担当:振興調整担当
 電話:089-936-5061
 電子メール: shikoku-chousei(at)soumu.go.jp
  ※迷惑メール防止のため「@」を「(at)」に変えて表示しています。

                     取組イメージ図