近年、環境問題への意識が高まる中、低炭素社会を実現する方策として、燃料電池自動車が注目されています。
 このたび、燃料電池自動車並びに水素インフラの現状と今後の展望についての講演会が開催されます。今後の四国における新たなる産業の発展並びに地域活性化に繋がっていくものと考えられます。

■開催日
 平成23年2月3日(木曜日)13時00分から16時00分
■会場
 愛媛大学南加記念ホール(愛媛県松山市文京町3番)
■講演内容
 講演1『次世代自動車開発の現状』(燃料電池自動車を中心に)
     トヨタ自動車BRエネルギー調査企画室主査 広瀬雄彦 氏
 講演2『水素と水素インフラの現状』(次世代自動車燃料「水素」を四国から)
     財団法人 国際石油交流センター参事 幾島賢治 氏(愛媛大学客員教授)
■共催
 三井物産株式会社四国支店、愛媛経済同友会、愛媛大学(工学部 Eco-TranSプロジェクト)
■申込み締め切り
 1月21日(金曜日)
■詳しい内容及び申込み方法
 ≫ Word文書ダウンロード